2010年04月28日

戸惑い広がるジオス受講生「受講料納めたばかり…」(産経新聞)

 英会話学校大手、ジオス(東京)の破綻が明らかになった21日、授業の予定が入っていた受講生らからは突然のニュースに戸惑いの声が上がった。なんば校が入る大阪市中央区のテナントビルでは、受付がある4階、教室がある9階ともに扉が閉められていた。

  [フォト] ジオス田町駅前校のドアに掲示された「告示書」

 この日正午から授業だったという大阪市浪速区のフリーター、浜咲宏美さん(25)は「英語が話せると便利だと思い、5年間通っていた。突然のことで驚いています。年間の受講料25万円を3月初めに納めたところでした。連絡がくると信じています」と心配そうにしていた。また、講師を務める米国人の男子大学生(24)は「(事情がわからず)何と言っていいのかわからない」と話した。

 大阪府高槻市高槻町の高槻センター街校は、シャッターをおろし、電話もつながらない状況。周囲に受講生らの姿もなかった。近くの飲食店の男性店長(48)は、「普段なら明るく電気がついている時間だけど、臨時休業と思った」と話していた。京都市北区の北大路校でも、玄関のドアに「受講生の皆様にはスポンサー等との間で新契約を締結し、何らかの形で今後もご受講いただけるよう最大限努力してまいる所存」などと記載された「告示書」が張られているだけ。受講生らの姿はなく、静まりかえっていた。

 ジオスによると、閉鎖教室の生徒について、近隣の存続教室への転校で対応し、「未消化の受講料の返還には応じられない」と説明。閉鎖教室の生徒で引き続き受講を希望する人に、(1)近隣の存続教室への転校(2)傘下のNOVAに割引料金で入学(3)通信教育での受講−などから選んでもらうという。

 21日から24日までの間の問い合わせ先は、フリーダイヤル電話(0120・134446)。

【関連記事】
英会話のジオスが破産 99校を閉鎖
受講生保護が課題、過当競争の語学教室 ジオスで浮き彫り
ジオス、受講料返還に応じず 譲渡教室は23日に授業再開
NOVA元社長を不起訴処分
TOSHIが謝罪 破産めぐる債権者集会で

<事業仕分け>ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
舛添氏、新党結成は「詰めをやっているところ」(産経新聞)
裁判員制度は「合憲」=被告側控訴を棄却−東京高裁(時事通信)
エル・グレコ 「聖母戴冠」展示始まる 長崎で日本初(毎日新聞)
<強盗殺人未遂>タクシー運転手、首切られ重傷 江戸川(毎日新聞)
posted by サイトウ モリオ at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<名誉棄損>日経新聞OBに200万円賠償命令 著書巡り(毎日新聞)

 「日経新聞の黒い霧」など著書2冊で名誉を傷つけられたとして、日本経済新聞社が著者で同社元部長の大塚将司氏に3000万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は23日、200万円の支払いを命じた。大塚氏は鶴田卓彦元社長の私生活を記したり、日経子会社の不正経理事件に経営陣が関与しているような記載をしたが、岡健太郎裁判長は「真実と認められない」と判断した。

 判決は記載について「元社長らの品性・人格が低劣でモラルに欠けるとの印象を与え、同社の社会的評価を低下させた」と指摘。一方で「名誉を傷つけたが、不正があると断じたわけではなく、比較的慎重な表現方法を用いている」とも述べた。【和田武士】

【関連ニュース】
名誉棄損:報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁
ネット名誉棄損訴訟:接続業者にも開示義務 最高裁初判断
2ちゃんねる名誉棄損:原告、元管理人の印税から賠償金
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
ネット書き込み名誉棄損訴訟:発信者情報、接続業者に開示義務 最高裁が初判断

名古屋「市民税10%減税」恒久化、否決(読売新聞)
核廃絶求め首相に署名提出=連合会長ら(時事通信)
山崎さん、地球帰還延期 日本文化多く発信 随所に女性らしさ(産経新聞)
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴−水戸地裁支部(時事通信)
筑波大元教授の請求棄却=「論文データ改ざん」解雇訴訟−水戸地裁支部(時事通信)
posted by サイトウ モリオ at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

首相動静(4月19日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時39分、公邸発。「徳之島で普天間移設の反対集会が行われたが」に「大変なエネルギーだと思う。一つの民意と理解すべきだ」。同40分、官邸着。同41分、執務室へ。
 午前8時42分から同9時10分まで、大塚耕平内閣府副大臣。
 午前10時18分、執務室を出て、同20分から同22分まで、官邸玄関で幸夫人とともにマレーシアのナジブ首相夫妻を出迎え、記念撮影。同25分から同38分まで、南庭で歓迎行事。同41分から同44分まで、官邸玄関で同首相を見送り。同45分、執務室へ。
 午前11時32分、執務室を出て首相会議室へ。
 午前11時33分から同59分まで、西村智奈美外務政務官。午後0時、首相会議室を出て特別応接室へ、山田洋次監督が表敬、昼食。
 午後1時26分、特別応接室を出て、同27分、執務室へ。
 午後1時34分から同57分まで、辻元清美国土交通副大臣。
 午後1時58分から同2時29分まで、公益認定等委員会の池田守男委員長。
 午後2時30分から同3時28分まで、直嶋正行経済産業相、望月晴文経済産業事務次官、石田徹資源エネルギー庁長官。
 午後3時29分から同57分まで、川内博史民主党鹿児島県連代表ら。
 午後5時32分、執務室を出て、同33分から同37分まで、特別応接室で報道各社のインタビュー。「民主党鹿児島県連が徳之島への普天間移設に関して白紙撤回を求めたが」に「申し入れは申し入れ、承ったと言った。正式な案が決まっているわけではない」。同38分、執務室へ。
 午後6時、執務室を出て、同1分から同2分まで、官邸玄関でマレーシアのナジブ首相を出迎え。同3分、大会議室へ。同4分、同首相との会談開始。松野頼久官房副長官ら同席。
 午後7時2分、会談終了。同4分、大会議室を出て南会議室へ。同5分から同7分まで、同首相と共同声明署名式。同8分から同29分まで、共同記者発表。同31分、同室を出て、同39分、大ホールへ。同40分、首相夫妻主催の晩さん会開始。
 午後9時7分、晩さん会終了。同8分、大ホールを出て、同9分から同11分まで、官邸玄関で幸夫人とともに同首相夫妻を見送り。同12分、官邸発。同14分、公邸着。  20日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

ケヤキ大木、憩う集う 杉並区に念願の公園、感慨無量(産経新聞)
コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕(産経新聞)
<ノリタケ子会社>元社員が横領認める 名古屋地裁初公判(毎日新聞)
重文 新たに8件 京町家「杉本家住宅」など(産経新聞)
posted by サイトウ モリオ at 02:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。