2010年04月08日

参院選2人擁立 鳩山首相「小沢幹事長の方針」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日夕、民主党の小沢一郎幹事長ら党執行部が今夏の参院選の改選数2の選挙区に2人の候補擁立を進めていることに関し、「小沢幹事長の方針なので、決めた以上、2人を擁立する。2人当選に向け全力を尽くす」と述べ、小沢氏の方針を全面的に支持する考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「今、この(党の)体制で(選挙は)厳しい状況かもしれない。私も含めて民主党に『政治とカネ』の問題で当然、厳しい声がある」との認識も示した。

 輿石東参院議員会長も1日の記者会見で、「(地方組織には)多少、反発や不満もあるだろうが、原則は原則として貫いてもうらうことが望ましい」と強調した。

【関連記事】
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」
民主、参院選で2人目候補擁立 静岡県連、連合は苦慮
小沢vs反小沢の“代理戦争”と話題…日医会長選の行方は
“集票マシン”だ!亀井氏、2000万円で100万票ゲット
小沢氏告白「ダイエット中だから…」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

高速道路無料化 とまどう高速道路会社(レスポンス)
ジョンソン&ジョンソンに立ち入り検査 公取委(産経新聞)
高速道路上限割引 来週にも正式発表(レスポンス)
<2ちゃんねる名誉棄損>原告、元管理人の印税から賠償金(毎日新聞)
菅副総理、3日に中国首相と会談 人民元切り上げ、ギョーザ中毒など意見交換(産経新聞)
posted by サイトウ モリオ at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

民主との「距離感」に悩む連合、内部から懸念の声(読売新聞)

 連合が参院選に向けた本格的な運動を前に民主党との「距離感」に悩んでいる。

 同党が「政治とカネ」の問題で国民の批判を受けていることに加え、北海道教職員組合(北教組)幹部が政治資金規正法違反事件で起訴される事態となり、労働組合の政治活動に厳しい視線が向けられているためだ。

 「参院選は投票日まで4か月しかない。皆さんにさらに苦労をいただくことになるが、何としても過半数を頂き、国民の生活を守る政治を実現したい」

 27日、福井市を訪れた民主党の小沢幹事長は、連合福井幹部との意見交換会のあいさつで、参院選で民主党と連合が協力するのは当然のこととして「二人三脚」ぶりを強調した。

 連合福井側も小沢氏に経済対策の要望書を手渡すなど、両者は「切っても切れない関係」になりつつある。連合は参院選で、過去最多の民主党公認の比例候補11人を組織内候補として支援することを決めている。

 小沢氏は、4月から参院選に向けた全国行脚を本格化させる考えで、連合側も古賀伸明会長ら幹部が同行することにしている。

 2007年の参院選では、この年の2月から当時代表の小沢氏と連合幹部が全国を共に回り、参院の与野党逆転につなげた実績もある。

 ただ、今年は、小沢氏と連合の行脚の具体的な日程がなかなか固まらない。小沢氏の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件の影響だが、それに加えて連合側が小沢氏との同行に及び腰になっているとの見方も出ている。

 連合にとって頭痛の種が、相次ぐ民主党の政治とカネをめぐる問題だ。

 古賀氏は15日の連合組織内議員懇談会の総会で、与党議員を前に「内閣支持率は支持、不支持が逆転した。それを乗り越え、参院選で勝利し、政権交代を盤石にしないといけない。適切な対応を求めたい」と苦言を呈した。北教組の事件では連合も「手負い」の状態だ。活発な政治活動は批判を浴びる可能性がある。

 4月は中小の労組を中心に春闘が続いており、幹部と小沢氏の行脚は「組合員の生活そっちのけで、幹部は政治ゲームに明け暮れている」との反発を招きかねないとの指摘もある。

 連合が政治にのめり込み、民主党と一蓮托生(いちれんたくしょう)の関係になっていくことに、連合幹部の一人は「我々は労働組合で、政治集団ではない」と強調するなど、連合内部から懸念の声が出始めている。

<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
永ちゃん訴えたものまねタレントが敗訴 「ものまねは芸で評価」(産経新聞)
厚労省OB、70歳以上95人が所管団体在職(読売新聞)
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低−厚労省調査(時事通信)
麻薬密輸罪の邦人、中国が近く死刑執行と通告(読売新聞)
posted by サイトウ モリオ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「盗み聞き」不倫の証拠に、大阪高裁逆転判決(読売新聞)

 「既婚と知りながら夫と不倫を続けた」として、妻が交際相手の女性に200万円の慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は、妻の請求を棄却した1審・大津地裁判決を変更し、女性に100万円の支払いを命じた。

 決め手は、夫と女性の会話を録音したDVD。女性側は「違法に収集した証拠だ」と却下を求めたが、同高裁は「女性宅から漏れ聞こえた会話を録音したもので、著しく反社会的とはいえない」と判断した。

 24日にあった判決によると、2008年6月初め、夫の財布に女性の写真などが入っているのを見つけた妻は不倫を疑い、同月下旬、女性宅に踏み込んで、「夫と会わないでほしい」と申し入れた。

 不倫は、既婚者と知っていた場合に不法行為が成立する。1審判決は、「妻に言われるまで結婚していると知らなかった」とした女性側の主張を支持した。

 妻側は控訴審で、08年6月に女性宅の窓のそばで会話を録音したDVDを証拠として提出した。「妻に文句を言われ、寝られない」などと話す夫の声が録音されており、「女性は以前から、夫が既婚者だと知っていた」と主張した。

<学力テスト>談合疑惑の内田洋行が一部業務落札(毎日新聞)
「沖縄県内は明確に反対」福島党首、首相と協議へ(読売新聞)
普賢岳被災のカメラか、撮影ポイントで発見(読売新聞)
<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
posted by サイトウ モリオ at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。